Conger eel
料理の話や、ふと思うことの記録。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
滷水メモ2
滷水を使って料理をしたので、メモです。
1回目のメモ> 滷水メモ1

使い道の決まってない鶏モモ肉が1枚あるというので、煮ることにしました。
冷凍庫とか入れなくても、これで煮ておいとけば数日持つしね~。

---------------------------
■今回の材料

・ 醤油 少し
・ 水 少し
・ 生姜 1カケ
・ 鶏モモ肉 1枚
・ 鶏卵 5個

(後日調理分)
・ しめじ 少し
・ オクラとエノキ茸 少し

---------------------------
■手順

1.冷蔵庫保管してた滷水を大鍋に移し、火にかける。
2.別鍋にてゆで卵作成して、殻をむく。
3.大鍋が沸いたら、材料を全部投入し、コトコト煮る。
4.火が通ったら、そのまま冷ます。

---------------------------

他に食べるものがあったので、冷ましてから冷蔵庫で1日半ほど放置してました。
そして温めなおし、包丁で鶏肉を切ろう・・・っと持ち上げようとしたら、
鶏肉の薄くなってるトコロで皮ごとちぎれてビックリ。
黒いタレが跳ねなくて良かった(笑)
これだけ柔らかいなら包丁で切る必要ないなぁと、多少大きい固まりもあったけれど、そのまま摘み上げて盛り付けました。
しかし、こんなに柔らかくなるとは。
骨付き肉を煮ると、軟骨まで柔らかく煮えるかな?
酢とかで煮た時みたいな柔らかい軟骨好きなので、試してみたいところです。

後日調理分の材料は、温めなおし時に柄付きのザルに入れ、サッとタレで煮て付け合せです。
キノコはすぐ火が通るし、付け合せ的に良い感じがします。
これと、トマト切ったのと、雑穀入り御飯・・・とかね。そんな感じで食べました。

タレが煮詰まって濃くなった所為か、鶏だからか・・・少し甘いかな??という気がしたので、次回はまた水・酒・醤油あたり足して料理しましょう φ(.. )メモメモ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。