Conger eel
料理の話や、ふと思うことの記録。
201709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201711
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
おかゆと小松菜のスープ
病人が居る日の朝御飯。

御飯が冷凍庫にあったので、それでおかゆ。
それと、さっぱりとしたスープを作ります。
具が食べれなくても、スープ飲むだけでも栄養取れますしね~。

まず、小さな土鍋でお湯を沸かし、解凍した御飯を入れてクツクツ煮ます。

以前は、おかゆ作る時には必ずというくらい塩を入れてたのですけど、七草粥の時くらいしか塩を入れなくなりました。
なんかねぇ、おかゆが煮えたところに塩入れると、せっかくトロっとしてたのに急に澄んで・・・澄んでというか、さらっとしてしまうような気がして残念な気持ちになるのです。
気のせいなのか、何なのか。
まぁそんなので、塩は入れずに、塩の入らないおかゆに梅干・漬物・佃煮を添えて食べる事のほうが多くなりました。本日も例に漏れず、おかゆと、梅干・大根ツボ漬・きゃらぶき・ふき味噌 添えです。

スープを作ります。
ダイコンとか白菜とかの白い野菜があったら、その方が病人食らしいかと思ったけれど、無いものは仕方ないので小松菜のスープにします。
味付けは、ちょっと薄いかな?位で。

小松菜を刻み、新玉ねぎをスライス、えのき茸を適当に切ります。
お湯を沸かし、切った野菜類を入れ。
顆粒状の鶏ガラスープと味醂を入れて煮ます。
ちりめんじゃこと醤油も鍋に足して、しばらくクツクツと煮。
火が通ったら一旦火を止め、水溶き片栗粉でトロミをつけ、もう一煮立ちさせたら出来上がり。



朝御飯後、私も微熱があることが発覚し、大事を取って寝る事に。
でもまぁ、大したこと無い段階で寝てたからか、すぐ熱がひいて良かった?です。
どうりで妙に眠いと思った(笑)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2004-2005 Powered By FC2ブログ allrights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。